原発の事故と太陽光発電の最近の展望 その1

再生可能エネルギーである太陽光発電は資源を枯渇させず永続的に使えるエネルギーのことです。発電時に地球温暖化による二酸化炭素をほとんど出さない優れたエネルギーです。資源のない日本にとって都合のよいエネルギーのひとつです。太陽光による発電はソーラーパネルと呼ばれる太陽電池の集積されたもので構成されこれに光が当たることにより電気を発生します。今までこのソーラーパネルが非常に高価でしたが、9.11震災と福島の原発の事故により太陽光発電が企業や一般の人にも注目され急速に普及が促進され、メーカーもコスト低減と太陽光発電効率の向上に力を入れています。では、最近の価格が安くなって太陽光発電効率の増した太陽電池を設置した場合、費用を回収できるのは何年掛かるでしょうか。以前はパネルの値段や設置の費用が高く補助金がでても約30年くらい掛かるとされてきました。

野球用品 ナイキ

精華学園高等学校

シマックス 建築

集客コンサルとは?

登録100万人突破!ガンダムゲーム